収納術〜片付けのタブー〜

私事ですが最近引っ越しをしまして、立地が良くなった分、部屋が狭くなりました。
やはり、煩雑した中にいると、ストレスがたまりやすいものです。
私みたいに、片付けが苦手な人も、世の中にはたくさんいるようです。
そこで、私もやってしまう片付けのタブーを紹介したいと思います。

まず最初に「出したものをそのままにする」です。
よくやってしまうのですが、一つ出たままだと、なぜか、もう一つ、もう一つと物が増えていきます。
きれいな時はしまうのも楽ですが、増えてくるとだんだん億劫になり、物が増え、散らかっていきます。

次に「分けずにしまう」です。
そのままにせず、しまえばいいのかというと、そうではないようで、それを探す時に余計なものまで出してしまいます。
大抵忙しい時に無くしたことに気づき、探すのだから片付ける時間が無く、そのまま散らかしたままになってしまいます。

最後に「後回しにする」です。
個人的に一番のタブーです。
私がうっかりさんだけなのかもしれませんが、たいてい忘れます。
その時に、片付けをしないとしまう場所や、しまうことすら忘れていたりします。
やはり、使った後そのまましまえば、出してきた場所にしまえて、他に紛れる事もなく、出しっぱなしにもならずきれいな状態が保てます。HG-101は楽天やアマゾンで買うと損

今日は12月24日クリスマスイブ

今日は12月24日クリスマスイブです。クリスマスは翌日の25日です。なぜ前夜の24日にクリスマスの行事をやるのかが分かりません。聴くところによるとクリスマスは、ヨーロッパの冬至の頃の行事が、キリスト教がヨーロッパに入りその冬至の頃の行事がキリスト教に入り現在のクリスマスの行事になったようです。なお従来のクリスマスは夏にやっていたとのことです。サンタクロースが子どもに贈り物をする習慣は、冬至の頃、死者の魂がこの世にやってきて悪さをするために、贈り物をその霊に与えてあの世に引き帰ってもらうようにとの行事からきているとのことです。
 クリスマスはキリスト教の行事ですが、キリスト教と関係ないものが行事として入っているようです。年末になってなにかと気忙しくなってきています。新年まで後1週間ですので、日本では冬至の行事がありますが、冬至の行事として年末の忙しさを一時忘れるし、休息にもなるので良いのではないでしょうか。格安スマホ